読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

そろそろソロ曲

すば倉を推していたら干支が一周していたので、備忘がてら始めました。タイトルは2017年3月現在のきもち。

パブリックイメージの話

会社でジャニオタを特に隠さず生きているので、わりと同期相手にジャニーズの話をするのだけど、テレビに出てるグループはそこそこ分かるので、たまに乗り気なときは有意義な相槌を打ってもらえる。有意義すぎて聞き耳をたてられたこともある*1

確かにジャニオタ的には一般のフラットな意見、それも男で彼らと同世代からの見え方とか面白いよねってことで書く。

 

パブリックイメージってわかってるつもりだけど、案外分かってなかった。そもそも結構認知されてるのに驚いた。(けどえびちゃんも分かる同期が特殊な気もする)

 

*1:半個室で隣に来たグループがジャニオタだったことがあって、破門の話をしていたのでそういえばと同期とジャニーズ話をしていたら隣のグループが全員黙って聞き耳を立ててきたと言うあまりにもシュールな事件

続きを読む

担降り記事が好きだ

悪趣味だと言われるかもしれないけれど、好きだ。対誰かということはなく、ものすごく深く長く愛していたという人の担降り記事が好きだ。DDや掛け持ちの方のも読むけれど、やはり個人に集中してかけられた熱量が違う分、所謂担当を一途に愛した人のものがいい。

熱量は才能を上回ると思っていて、でもやっぱり文面は整然としている方がわかりやすい。という希望を叶えてくれるのが、個人的には担降り記事だと思っている。

応援している時って自分がどれだけ冷静と感じていても、どこか盲目的で、見ないふりをしている部分がある。もしくは、見えていてもそれでいいと許容できるだけの柔軟性に富む。それは良し悪し如何ではなく、きっと人間自体がそういうものなんだろう。担降り記事はその熱量や盲目さを忘れられないうちに、まとめられてることが多いからストレートで分かりやすい。

100%の、或いはそれ以上の熱量を持って応援していたからこそ許容できていたことが、ふとしたことで途切れて、その後冷静にどう言ういきさつで、どう言う理由で、どう言う決定打で冷めた、ということが理路整然と書かれてある。その人への興味が失せてしまったのは残念なことなのかもしれないけれども、そうやって人の熱量にわかりやすく触れられるのが好きだ。

という建前のような前置きはさておき。

最近また自分の中で担降り記事探しブームが来ているのだが、やたらとブチ当たるのが、なぜか誰々という担当に降りましたとかいう訳のわからん記事である。なんでだ。担降り。「担当」を「降りる」から、担降りだ。老害なので言ってしまうが、少なくとも以前はそうだった。いつの間にか鞍替えまで含むようになっていたし、いつの間にか担当を降りる本来の意味が打ち消されて担当に降りるみたいな使われ方をされている。担当に降りるってなんだ。なんで自分が担当より高いところにいると思っている?頭が高い。

よくわからなくなってきたけど、担降りって結局どれが正解なんだって話がしたかった。

 

続きを読む

二人組ユニットをまとめてみた

Twitterで二人組ユニット書き出してたんだけど、そういうのこそここでやるべきだよね?というわけで再編して書き出した。あくまで備忘レベルなので、ちゃんとしたのを探してたどり着いてしまってた人がもしいたら、とりあえずここにはないです。
というわけで2017年3月時点での各人の二人組曲最新。すべてはdesireから始まった(と思っている)。

続きを読む

はてブはじめました

特にどうという日でもないけども、干支が一周しているという事実に感動したのと、ここ二年くらいやたらと推してくれている現実に感謝したので、備忘も兼ねてはじめました。

関ジャニ∞(ジャニーズ)中心のつもりだけど、所謂ジャニオタよりも浮気性気味なので、どうなるかはわからない。気づいたらただのフェスの参戦記録とかになりそう。

とりあえず勢い任せに作っただけなので、特に書くことがないから、今日はちょっと懐古厨でもしようと思う。

 

続きを読む